跳到主要內容

發表文章

精選

15+1年の後のK-1。のその1ヶ月目。

あの幻のプロトタイプK-1から15年が経ち、全く新たな姿でこの世に出ました。そしてさらに1年後、やっと私の元に来ました。買うか買わないか散々悩みましたよ。日本での値段より安いとは言え、18万円くらいの買い物は台湾の給料レベルからすればそう簡単にはできるません。

そしてペンタックスのシステムとしての未来性に懸念も抱いているので、ほかのメーカーに変えようと思っていました。書くと長くなりますし、本題とはあまり関係のない話になるから割愛しますが、結局K-1を買いましたけど。酔人日月抄のHiさんのせいです(笑)。それと、私も正真正銘のペンタ党ですから。


ええ、いいカメラですよ。すごくいい。いままで使っていた*istDとK-5とK-5IIsはみんなカメラとしてのハードのデザインはいいけど電子機器としてのハードとソフトのデザインはいまいちでした。特にK-5Iis(K-5はだいたい同じですから以降はK-5Iisだけで)はカスタムイメージや機内RAW現像などの機能が盛りだくさん詰め込みましたので電子機器のほうの弱点はより目立つになったわけです。パラメーター一つを変更するだけで待たされてしまって、使えば使うほどストレスがたまります。

それに比べるとK-1はペンタックス歴で一番使い応えのいい機体です。スピーディまでは行きませんが、レスポンスはだいぶよくなりました。AFはもちろん速くなりました。しかし、それは単にAFの駆動速度を上げるだけではなく、シャッターボタンの変更とともにもたらした効果だと思います。K-1で始めてシャッターを切る時、従来のオス感触の違いにすぐ気づきました。半押しの一段目と全押しの二段目の感触はなくなりました。そしてもう少し感じてみると、ボタンの一段目、つまりAFとAEが作動し始めるところは前より浅くなったがわかりました。つまり例えば昔は2ミリまで押さないとAFはしてくれなかったが、K-1では1ミリまでだけを押すとAFが作動するようになりました。その結果として、K-1はAFが速くなったとの印象となるのです。

背面のボタンの押し心地も良くなったのもあって、ボディ内現像もさくさく使えるようになりました。K-5IIsはボタンのストロークが短い割に荷重が重い、その上にカメラのチップの処理速度も遅いのでカメラ全体の操作もっさりでした。それがストレスがたまりますよ。K-1はそれら…

最新文章

人生總是意外要來的多一點:Z-1P

幕張,第二天

走過

幕張 第一天上午

リコーイメージングスクエア新宿に行ってきました!!

幕張。去之前

App = Smart ?

千層酥

壞董+娟董+穎璇+丹丹早餐聚

「站在巨人的肩上可以看得更遠」